Home » 資生堂

エリクシールホワイトの美白濃密エンリッチドクリアクリームでハリも美白もWケア!

29 4月 2018 No Comment

エリクシールホワイトの美白濃密クリームでハリも透明感もWケア!
資生堂エリクシールから5月21日(月)に発売される美白濃密クリーム(エンリッチドクリアクリームTB)を先行モニターさせていただきました。
美白ラインのエリクシールホワイトの新しいクリームで、1つで美白もハリもケアできてしまうのだそう!

早速使ってみたので、詳細レポートです。

 >>> エリクシールホワイト エンリッチドクリアクリームTB

エリクシールホワイトのエンリッチドクリアクリームTBとは

エリクシールホワイトのエンリッチドクリアクリームTBとは
資生堂のエリクシールにはエイジングケアに特化した「シュペリエル」と美白に特化した「ホワイト」の2つのシリーズがあり、シュペリエルでは濃密美容液(エンリッチドセラム)など『エンリッチド(濃密)』と銘打ったアイテムはいくつか出ていますが、ホワイトではこの美白濃密クリーム(エンリッチドクリアクリーム)が初となるアイテム。
医薬部外品なので効果に期待が高まります。

ハリのある肌はかげりや暗さをみせず顔の印象まで明るく感じさせることに着目し、資生堂の美白ブランドHAKUでも使われている美白有効成分4MSK(4‐メトキシサリチル酸カリウム塩)をメインに、独自処方の角層透明度成分Vなど4種の美白&保湿アプローチに加えて、資生堂のコラーゲン研究で開発されたコラーゲンGLを高濃度で配合することで、肌のハリも保湿も透明感もトリプルケア!
エンリッチドクリアクリームTBのTBって何かな?と気になったので調べてみたら、「トリプルビューティー」「トリプル美白」という意味なのだそう。
みずみずしさとコクを両立した心地よい使い心地で、ハリが支える、うるおいに満ちた明るい肌に導いてくれます。

エンリッチドクリアクリームTBの使い方

エリクシールホワイトのエンリッチドクリアクリームTBの基本の使い方は、夜のスキンケアの最後に指先にパール粒1個分を目安に、顔の5カ所において頬やおでこなど広い部分から顔全体に馴染ませます。

エンリッチドクリアクリームTBの使い方
特にハリ感の高まる使い方が箱に書いてあったので、ご紹介。

  1. パール粒3個分を目安に手にとり、らせんを描きながら頬を持ち上げるように3回ほど揉みほぐします。
  2. ほうれい線を横に伸ばすように、斜め上に向かって6回引き上げます。
  3. フェイスラインの部分から、こめかみまで6回引き上げます。
  4. 最後にこめかみを押します。

使ってみた感想・口コミ

エンリッチドクリアクリームTBの中身
蓋を開けてみると、こんな感じ。
最初に開けたときは透明フィルムでシールされていて、中蓋がないタイプです。
エンリッチドクリアクリームは詰め替え用のリフィルにも対応しているので、詰め替え時はこの白い部分を全部引き抜いて交換します。

中身はカスタードクリームのような柔らかめのテクスチャーで、エリクシール共通のアクアフローラルの香りがします。

エンリッチドクリアクリームTBを使ってみた感想・口コミ
実際に肌にのせてみると、柔らかく滑らかなクリームで伸びが良いです。
マッサージもしてみましたが、程よい滑りでコリがほぐれます♪
伸びが良いので、マッサージの時はパール粒3個目安ですが、もっと少なくても大丈夫かも。

マッサージにも使えるクリームなので肌への吸収は時間がかかる印象ですが、しばらく経つとべた付きも落ち着いてしっとり馴染みます。
使用感は重たすぎず軽すぎずのちょうど良い感じで、普通肌の私には使いやすいですが、超乾燥肌の方は重ね付けするのがいいかもしれません。

べた付くのが嫌でクリームは苦手なのですが、エリクシールホワイトの美白濃密クリームは時間を置くときれいに馴染んでべた付かないので、これからの季節でも快適に使い続けられそうです!

1本で3役の美白濃密クリーム

エリクシールホワイトの美白濃密クリーム
エリクシールホワイトのエンリッチドクリアクリームTBは、1本でハリ・美白・マッサージもできる美白濃密クリーム。
年齢を重ねるごとに気になり始める肌のくすみやたるみに、クリーム1つでアプローチしてくれる優秀なアイテムなんです。

マッサージもできるクリームなのに時間を置くとべた付きがなくなるので、私のようにクリームが苦手な方には特におすすめ!
美白もアンチエイジングも気になる方や、乾燥は気になるけどクリームでは重すぎると感じている方に、ぜひ使ってみていただきたいアイテムです。

詳細はこちらから >>> エリクシールホワイト エンリッチドクリアクリームTB

エリクシールホワイトの美白濃密クリームでハリも透明感もWケア!

合わせて読みたい関連記事


関連キーワード: